最初はキッチンスタッフからスタート

すた丼のバイトでは、さまざまなことを行っていくのですが、まず最初に行うことはキッチンでの作業です。
普通は、ホールで接客を行うのですがスピードを求める接客を最初からするのは難しいために業務に慣れてからホールを担当します。
キッチンでは、レシピを見ながら作っていくのですが、料理経験がない人でも先輩の指導があるために気にすることはありません。
料理を作るときに気にしなければならないのは、火の加減と調味料の量です。
これが間違ってしまうと、料理そのものが美味しくなくなってしまうために気をつけなければいけません。
そして、慣れてきたらホールに入るのですが、キッチンと両方担当することもあります。
そのために、昼時になるとかなり忙しくなってくるのですが、手が空いている人からどんどん接客を行って、スピーディーな対応でお店を回していくために特に気にすることはないようです。
すた丼では、スタミナ飯を提供していることもあってにんにくを使ったレシピが多いです。
そのために、長時間働いた日には、体から知らないうちににんにくの臭いがしているということも普通にあるのです。
帰宅の電車やバスでは、自分の体臭が充満してしまうこともありますから、長時間働いた時には体臭スプレーは必須です。
都内ですとかなり時給が高い場所が多く、昼間にしては1000円超えていることもあります。
非常に忙しいバイトではありますが、活気溢れる場所で働くと自然と元気になれますよ。