すた丼バイトの具体例を紹介

すた丼は、様々な年齢層をターゲットにしているためにそれぞれの年齢に合わせたスタミナが付く料理を提供しています。
スタミナが付くということから、ほとんどの料理にはにんにくとニラが使われています。
例えば、豚丼一つに関してもニンニクチップが使われているほか、特製タレにはにんにくが使用されており、非常にガツンとくる料理なのです。
すた丼のバイトでは、膨大なメニューを覚えなければなりません。
これは、キッチンを担当する人だけが覚えれば良いと思われていますが、ホールを担当している人でも当然覚える必要があります。
例えば、注文を受けた際にオーダーをすることがあると思うのですが、その時にホールでは略称でオーダーしなければなりません。
どちらかというと、ホールの方がメニューを覚えなければならないと思います。
すた丼の業務内容としては、主にキッチンとホールに分けられるのですが、どちらも行うことがあります。
例えば、一番最初の研修期間では普通ホールを担当すると思われていますが、最初はキッチンを担当します。
接客に関しても研修を行いますが、これは先輩がつきっきりで指導します。
スピードが求められる職場ですから、そうそう気軽に行うことができるものではないのです。
しかし、それを乗り越えた時こそ次のバイトが非常に楽になるのです。
接客に関してもスピードが身についていますから、迅速な対応が出来るでしょう。
そして何より仕事の後には、美味しいまかないが待っているので、食費を浮かせたい人には嬉しいバイトでしょう。